追突された時の衝撃をトランクで緩衝するので被害リスクが小さい

自動車に重視されるポイントはいくつもありますが、その中でも特に問題になるのが事故が発生した際にどれだけ乗員を保護できるかということです。
この安全性を高めるためにエアバッグなどが搭載されるようになっているのですが、実はトランクには追突事故発生時に緩衝の役割を果たしてくれるのです。
自動車に荷物を積むだけのスペースとして扱われてしまうこともありますが、自動車の後部に空洞があるということはそれだけで意味があります。
自動車は製造技術が向上するたびに頑丈なものが作られるようになりましたが、こうした部位は例外的に壊れやすく作られています。
こうした壊れやすい構造は「衝撃吸収構造」として呼ばれているのですが、この構造で空間が作られていると、後ろから自動車が衝突してきた場合に外側の部品が荷物を積載する空間の中にめり込む形で変形することになります。
この変化が発生すると衝撃を部品が分散・吸収し、もし吸収しきれなかった場合でも曲がった部品が後部座席にぶつかる程度になりますから、あると無いとでは非常に大きな衝撃の違いが出てくるのです。
近年ではこうした構造に加えて、居住スペースに関しては外部からの衝撃に強い高強度キャビンなどを搭載するようになりましたから、後部からの衝突に対しては非常に大きな安全性を維持できるようになったのです。