トランクスルー機構車以外は詰めない荷物がある

セダンの特徴として乗り心地の良さと快適な室内空間があります。ところがデメリットもあって、それがトランクしか荷物を積むことができないということです。これではステーションワゴンやミニバンのように長さのある荷物を積むことができません。たとえば釣り竿やスキー板のような長さのある荷物は積むことができません。こういった趣味をもつ人はセダンはやめたほうがいいのでしょうか。

これを解消するためのものがトランクスルー機構車です。トランクスルーとは自動車の後部座席の背もたれを倒したり外すことができるようにしてトランクと通じる構造にしているものです。これだとトランクから後部座席までの長さのものを積むことが可能になります。

この場合も車の構造によっては、後部座席のトランクスルー部分のスペースが限られているために、細くて長いものしか積めないという限界もあります。またセダンならすべての車にこのような機能が付いているわけではありません。一部の高級セダンには装備されていることが多いですが、低価格の大衆車であれば装備されていないと考えてよさそうです。またトランクスルーでも座席中央部分のみ限定のタイプもあれば、そのような限定がないタイプもあり、積むことができる荷物も変わってくるので車を買うときにはチェックをしておくことが必要です。