未分類

車にはボディの形状によりセダンやステーションワゴンなどの種類がありますが、車内の居住性を考慮すると広い空間を持つステーションワゴンが優れています。しかしステーションワゴンは荷室と居住空間が同じですから、プライバシーを考慮すると良いとはいえない現実があります。他人を乗せた際に荷室が丸見えになってしまいますが、セダンではトランクがあるために荷室のプライバシーを確保することが可能です。両立が難しい荷室とプライバシーですが、セダンではトランクスルー機構を持つ車種もありますので、荷室の狭さとプライバシーの使い分けが可能となります。トランクのあるセダンのほうが快適性は絶対的に上ですから、プライバシーをとるか荷室の積載量など機能性をとるかの選択が必要になってきます。快適性や居住空間の使い勝手は利用環境によって変わりますので、他人をほとんど乗せない人は荷室が丸見えでも特に問題はありませんし、荷室にほとんど荷物を載せない人も同じだと言えます。一方で他人の目に触れたくない荷物を積んでいる人は、セダンなどトランクがあったほうがいいですから、使い方など人それぞれの利用環境によって変わってくると言えます。プライバシーが必要な人は、多少の犠牲をはらってもトランクが必要になります。

セダンの特徴として乗り心地の良さと快適な室内空間があります。ところがデメリットもあって、それがトランクしか荷物を積むことができないということです。これではステーションワゴンやミニバンのように長さのある荷物を積むことができません。たとえば釣り竿やスキー板のような長さのある荷物は積むことができません。こういった趣味をもつ人はセダンはやめたほうがいいのでしょうか。

これを解消するためのものがトランクスルー機構車です。トランクスルーとは自動車の後部座席の背もたれを倒したり外すことができるようにしてトランクと通じる構造にしているものです。これだとトランクから後部座席までの長さのものを積むことが可能になります。

この場合も車の構造によっては、後部座席のトランクスルー部分のスペースが限られているために、細くて長いものしか積めないという限界もあります。またセダンならすべての車にこのような機能が付いているわけではありません。一部の高級セダンには装備されていることが多いですが、低価格の大衆車であれば装備されていないと考えてよさそうです。またトランクスルーでも座席中央部分のみ限定のタイプもあれば、そのような限定がないタイプもあり、積むことができる荷物も変わってくるので車を買うときにはチェックをしておくことが必要です。

セダンはボンネットとキャビンとトランクが分離されていることで、バランスの取れた車になっているのが魅力ですがそれが逆に近年ではデメリットとなるようになってしまいました。
キャビンとトランクが分離されているのは、荷物が人のスペースに侵入してこないという点では利点であり臭いがするようなものなどはトランクに入れておくことで、キャビンに臭いが入ってこないという利点に繋がります。

しかし、キャビンとトランクが分離されていることで積載面でいえば不利になってしまい、多くの荷物を載せることができないという問題が発生することになってしまいます。
特にトランクスルー機構がついていない車の場合には、長尺の荷物を積むことが出来ないためこのようなものを運ぶ機会ができたときには別に車を用意しなければならなくなってしまうことがあります。
最近はひとつの車で何でも出来ることが求められているため、このようにトランクとキャビンが分離されていることで積載量の劣るというのはセダンの不便に感じやすいポイントとなっているのです。
ただしこの部分に関しては長所と短所が表裏一体となっている部分でもあるので、どちらの利点を重視するかでセダンが不便に感じるかどうかが変わってくる部分でもあります。

自動車に重視されるポイントはいくつもありますが、その中でも特に問題になるのが事故が発生した際にどれだけ乗員を保護できるかということです。
この安全性を高めるためにエアバッグなどが搭載されるようになっているのですが、実はトランクには追突事故発生時に緩衝の役割を果たしてくれるのです。
自動車に荷物を積むだけのスペースとして扱われてしまうこともありますが、自動車の後部に空洞があるということはそれだけで意味があります。
自動車は製造技術が向上するたびに頑丈なものが作られるようになりましたが、こうした部位は例外的に壊れやすく作られています。
こうした壊れやすい構造は「衝撃吸収構造」として呼ばれているのですが、この構造で空間が作られていると、後ろから自動車が衝突してきた場合に外側の部品が荷物を積載する空間の中にめり込む形で変形することになります。
この変化が発生すると衝撃を部品が分散・吸収し、もし吸収しきれなかった場合でも曲がった部品が後部座席にぶつかる程度になりますから、あると無いとでは非常に大きな衝撃の違いが出てくるのです。
近年ではこうした構造に加えて、居住スペースに関しては外部からの衝撃に強い高強度キャビンなどを搭載するようになりましたから、後部からの衝突に対しては非常に大きな安全性を維持できるようになったのです。

ミニバンなどは、座席と荷物室が一体型になっているデザインが一般的です。
ミニバン、ハッチバック、ワンボックスカーなどがこれにあたります。これらの特長は、収納力の大きさと、車内空間の広さです。乗車可能な人数も多めで、余裕を持って乗ることができます。また、座席を倒せばさらに荷物を置くスペースを広げることができるので、引っ越しなどにも使うことが出来ます。
しかし、荷物室と座席部分が区切られていないので、荷物が外から見えてしまうなど、プライバシーが守られにくい可能性もあります。
一方、セダンなどトランクとして荷物が区切られているタイプでは、荷物が外から見えず、プライバシーを守りやすいです。貴重品を車中に置いて行きたい時にも重宝します。防犯効果が期待できるという事です。
最近ではプライバシーガラスで外から車内が見えづらくなっている車種が増えていますが、完全に見えないわけではありません。見えないように荷物を置きたいという人は、セダンタイプなどが便利でしょう。
セダンタイプでも、後部座席を倒せば走行中でも荷物が取り出せるようになっているタイプもあるので、ミニバンとセダンの中間として使いたい人にはそのような車種が便利に使えます。

椅子03自動車の種類でセダンと呼ばれる車種があります。一昔前よりも少し人気が下がってはいますが、いくつかのメリットがある車種ですので、販売台数は多くなっています。一番の長所は安全性です。トランク部分が独立していますので、後方から追突された時に外の車種よりも安全です。車高が低くなっていますので、強風の中で走行するときにもハンドルもとられにくくなっていますし、乗り心地もいいことになります。どこの立体駐車場を利用しても問題なく駐車できるのも便利なところです。運転する時にも他の車種に比べて死角が少なく、初心者にも運転しやすいとも言えます。セダンに中にも4種類のラインナップがあります。小さい規格から、コンパクトセダン、ミドルサイズセダン、Lサイズセダン、プレステージセダンと呼ばれます。セダンは各メーカーとも長い年数作っている車種ですので、上質な内装を採用しやすく、整備しやすいこともあります。特にLサイズセダンやプレステージセダンクラスの高級車になると、他の車種は殆ど作られていませんので、高級車がほしい人はセダンを選ぶのが当たり前になっています。高級車なら出羽の居住性と運転性能を味わうならば、セダンを選ぶ必要があります。椅子02

セダンといえば、乗用車の基本形とも言えるスタイルであり、快適さや使いやすさも充実しています。そして、セダンには高級感のあるモデルから高性能な4WDまで、豊富なバリエーションがある、というメリットもあります。

たとえば高級セダンで定番なのが、後輪駆動(FR)という駆動系式です。FR車はエンジンが後ろに積んであるために、重心が安定して思い通りのコーナリングができます。走行安定性も高く、乗り心地もよいというメリットもあります。

さらにFR車では車内スペースを広く取れますので、室内の快適さも高いです。

一方、四輪駆動(4WD)という選択肢が用意されているセダンもあります。前輪も後輪も駆動することで地面に吸い付くような高い挙動を実現し、雪道などの悪路、あるいは斜面が急な坂などでその高性能を発揮してくれます。

そのため、たとえば雪国にお住まいであれば、4WDのセダンを選択するという方法もあります。

ちなみに四駆グレードが用意されているセダンとしては、インプレッサG4、ギャランフォルティス、クラウン、フーガなどがあります。

セダンは運転のしやすさ、荷物の積みやすさ、居住性など死角がない車種です。高級さや悪路走破性なども考慮して選んでみてください。

セダンは元々人を運ぶのを目的とした車だけに、快適に乗車をすることができる居住空間が整った車になっています。
ボンネットと客室とトランクがそれぞれ分かれていることで、遮音性が高くまた荷物と一緒に人が同じ空間に乗る必要がないのでゆったりと乗車をすることが出来ます。

また、アームレストであったりエアコンなども全員に行き渡るように設置されていたりします。
そして、後席に人をのせることが本来の目的でもあることから、リアシートがゆったりとくつろぐことができるものになっています。
装備だけでなく走行の安定性も乗員が快適に感じるひとつの要素となっていて、セダンというのは車高が低く安定していて剛性が高いので常に安定感のある走りをすることができます。
足回りに関しても衝撃が車内に伝わりにくく、揺れを感じにくくなっているものが多く長時間の乗車にも疲労を感じにくいものとなっています。

一般的なセダンであっても充実した装備があることの多いセダンですが、特に高級車ともなればそれが更に充実していて普通の車では考える事ができないような、冷蔵庫であったり後部座席にテレビモニターなどが設置されていて、快適な移動時間をすごすことができるようになっているのです。

自動車を買う時にはどのようなことを軸に選定されますか?
自動車を買うに当たって、選定基準としてはボディーサイズ、ボディタイプから選択され、その後メーカーや車種を燃費やその他の特徴で判定選定されていくことになるかと思います。
自動車のボディータイプには、現在多種多様な分類となっておりますが、その中でも一番オーソドックスで古くより長く自家用車の基準として、製造・販売されていますセダンの特徴などについてご案内しますので、お車を選ばれる際にご参考になればと思います。
4ドアハードトップ、ハッチバックなど細分化分類されてはいますが、基本的にはボンネット(エンジンルーム)があり、中央部に車室があり、最後部にトランクルームがある3ボックスと呼ばれる形状が基本となります。
現在はこの3ボックス型より2ボックス型へボディタイプの主流が移っていますが、業務車両:パトカー、タクシーなどにおいては依然とこの3ボックス型が主流となっています。
各部位が分類されていることから、特にエンジンルームが前面にあることから事故などにおける運転者をはじめ車室空間の安全性確保には他のボディタイプと比べても安全性が高くなっています。これと同様に、エンジンルームが独立しているため、エンジンのメンテナンスだけでなく、静粛性向上においても対策改善が比較的容易に行えることが特徴です。